アントワーヌ・ラヴォアジエとはどんな人物か?

彼は優れた研究者であり、化学以外の他の方面でも優れた能力を発揮して色々な公職に就いた。 燃焼に対する新しい理論を主張してフロギストン説を廃棄して化学を大きく発展させたし、酸化過程で酸素の作用、酸化や呼吸間の定量的な類似点などを発見した。また、化学反応で質量保存の法則を確立したし元素と化合物を区分して近代化合物命名法の基礎を用意した。

化学に定量的な方法を初めて導入した学者のうち1人でもある。 ラヴォアジエは1743年パリの議会法律顧問で仕事をした場アントワーヌ・ラヴォアジエと彼の妻であるエミリーにラヴォアジエの間の最初の息子でパリで生まれた。エミリーにラヴォアジエは娘を1人もっと生んだ後1794年3月24日死亡した。 1748年ラヴォアジエの家族は場アントゥアンの妻の母とともに生きることになった。



彼の父の風で、1754年ラヴォアジエはコルレジュマジャレン(フランス語:College Mazarin)に入学したし、そちらで水準高い教育を受けることができた。1760年妹が死亡した後、家族の愛情と期待がすべて彼に集中した。 ラヴォアジエやはり彼らに期待に応じて習うところに相当な情熱を持った。ラヴォアジエはコルレジュマジャレンで数学科天文学をニコラ・ルイ・ド・ラカーユに学んだが、ラカユはラヴォアジエが自然科学に関心を持つのに重大な役割をした。

ラヴォアジエは1761年6月コルレジュマジャレンを卒業したし、一族の伝統について法学を勉強したがその渦中にも自然科学に大きい関心を持り、ラカユの助言について気象学を習った。 ラヴォアジエとラカユとの関係は1762年3月ラカユが死亡する時まで続いた。 ラヴォアジエは宮廷学校(フランス語:Jardin du Roi)で授業を聞いた。特にギョームフランスルエルの化学授業は彼に大きい影響を与えた。

ルエルは地質学を初めて教えた化学者のうちひとりであり、実験的な方法を非常に重視するなど先んじる面もあったが、錬金術と四元素説に大きい関心を持つなどの旧時代的である面も持っていた。 ラヴォアジエは父の友達であるチャンエティエンことがタールに会って1763年鉱物学的・地質学的調査のためにヴァロワ地方に離れた。タールは以後にもずっとラヴォアジエの研究を指導した。ラヴォアジエは1764年法学学士学位を取得したが、彼は相変らず自然科学にもっと大きい関心を持った。

ページのトップへ戻る